子育てパパ支援助成金(出生時両立支援助成金)について

男性労働者が育児休業を取得しやすい雇用環境整備や業務体制整備を行い、育児休業を取得した男性労働者が生じた事業主に支給するものです。

第1種と第2種があります。

 令和4年度両立支援等助成金リーフレット (mhlw.go.jp)

 

第1種(男性労働者の出生時育児休業取得)

(支給要件)

・中小企業であること

・育児介護休業規程に「出生時育児休業(産後パパ育休)」が規定され周知されていること

・育児介護休業法に定める雇用環境整備措置を複数実施していること(相談窓口や研修等)

・男性従業員が子の出生後8週間以内に連続5日以上の育児休業(産後パパ育休)を取得

 していること

・代替業務見直し規定(計画)、一般事業主行動計画等

・その他、雇用契約書、育児休業申出書、タイムカード、賃金台帳を提出  等

 

(支給額)

20万円(1事業所1回のみ)

 

第2種(男性労働者の育児休業取得率が向上)

(支給要件)

・上記の第1種の助成金を受けていること

・第1種申請後3事業年度以内に男性の育児休業取得率が30%以上向上していること

   ※育児休業を取得した男性従業員/配偶者が出産した男性従業員を事業年度で比較

・育児休業を取得した男性従業員が、第1種に係る者以外に2名以上いること

 

(支給額)

30%以上向上したのが1年以内 60万円(生産性要件を満たした場合75万円)

     〃    2年以内 40万円(      〃     65万円)

     〃    3年以内 20万円(      〃     35万円)

 

新型コロナ対応 産業雇用安定助成金について(2021年度)

新型コロナの影響により事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、在籍型出向により労働者(雇用保険の被保険者)の雇用を維持する場合に出向先・出向元双方に助成される制度です。

 

産業雇用安定助成金ガイドブック https://www.mhlw.go.jp/content/000734455.pdf

 

申請書類も色々有る様ですので、それなりに準備が必要のようです。

 

〇助成の対処となる出向とは

・雇用調整を目的とする出向であること(出向開始が令和3年1月1日以降)

・出向期間終了後は出向元に戻って勤務することが前提であること

・出向元の要件:新型コロナの影響により事業活動の縮小が余儀なくされたが、労働者の雇用を維持 

        するため労働者を他企業に送り出す事業主 

・出向先の要件:当該労働者を受け入れる事業主

        出向元と親子関係にないこと、代表取締役が同一人物でないこと等資本的・経済的   

        に独立性が認められること

〇助成率・助成額

出向契約と出向規定

・出向契約:出向期間、出向中の労働者の処遇・賃金額、賃金の負担割合等を定める

・出向規定:必要性や出向期間、出向期間中の労働条件について労使で話し合うこと、及び、

      対象労働者には個別に同意を得ること

雇用保険関連の助成金について

事業主の労働者能力向上や雇用安定のための活動を支援するため、雇用保険関連の各種助成金が設けられています。(雇用保険二事業) 

当オフィスでは、助成金の申請を支援させて頂きます。 

計画書の作成、計画の申請、計画の推進、報告書の作成、支給申請まで、ご一緒に推進させて頂きますので、関心があります方は、ぜひ一度ご相談ください。 

料金は、ご相談の上決定させて頂きます。(ご相談は無料)

 

中宮経営労務マネジメントオフィス

金沢市片町1−4-1     須田ビル4F

 

TEL:080-1966-5802

(受付時間9~18時)

 

e-mail;hiroyuki.nakamiya@jupiter.ocn.ne.jp

 

日曜日、祝日 休み

 

お気軽にご相談ください